セキュリティ

他回線からのメール送信時の注意

この数年、他回線から行う不正なメールの送信や中継が問題となっております。
BAN-BANネットワークスではこのような問題を防ぐ為に、他回線からのメール送信には制限をかけさせていただいております。制限の仕組みは以下の2種類あります。

Outbound Port 25 Blocking (OP25B)

「Outbound Port 25 Blocking」(以下、「OP25B」と言います)とは、迷惑メールを制限するための対策で、米国をはじめ国内の主要プロバイダでも順次この対策を導入しております。
これによって、ウイルス感染などによってお客様が迷惑メールの発信者となることを防止できます。
弊社でも、セキュリティ対策の一環としてOP25Bを実施しております。

注意が必要な場合

OP25Bを導入している他回線で、BAN-netのメールサーバをご利用のお客様はSubmission Port (587)の設定が必要です。(ご利用の回線によって異なります。)
弊社のケーブルモデムをご利用中のメール送受信の際は意識してご利用いただく必要はありません。

Submission Port (587)の設定方法

オンラインマニュアルをご覧ください。

POP before SMTP

メールを送信する前に受信サーバでのPOP認証(メール受信の際のIDとパスワードで認証)を行う仕組みです。これを行う事によって外部のネットワークからでもメールソフトの設定変更を行うことなくメールが送信できます。また、認証できないIPアドレスからの不正なメールの送信や中継を防ぐことが可能となります。

注意が必要な場合

他社プロバイダ回線を利用してインターネットに接続されている場合に注意が必要です。
弊社のケーブルモデムをご利用中のメール送受信の際は意識してご利用いただく必要はありません。

1. メールを受信(POP認証を受ける)
問題なくPOP認証が行われたら、10分間SMTPサーバ(送信サーバ)を使える許可が下ります。
2. メールを送信
到着メールがなくても先に「メール受信操作」を行ってから「メール送信」の手順となります。

詳しいPOP認証の方法

オンラインマニュアルをご覧ください。

POP before SMTPに対応しているメールソフト

以下の条件にあっていれば、問題なくメールを送信できます。

・ メール送信処理の前に受信処理ができる
・ メール受信処理の後回線を切断せずに次のメール送信処理を行える

一部のメールソフトやメール端末では、メール受信処理の後回線を自動的に切断してしまうものがあります。このような仕様の場合で、かつ次回接続時にIPアドレスが変わる場合、残念ながら外部ネットワークからのメール送信を行えません。

個々のメールソフト/メール端末の仕様については、各ソフトウェア/ハードウェアのサポート窓口へお問い合わせください。

ページの先頭に戻る