BAN-net サポート情報

フィッシングメール メールの危険と対策

フィッシングとは、実在する企業(銀行やクレジットカード会社などの金融機関、電子商取引をする事業者)のWEBサイトを模して作り上げた偽サイト(フィッシングサイト)へユーザーを誘導し、クレジットカードに関する詳細な情報や、登録してあるID・パスワードなどを入力させて騙し取る詐欺です。
このようなフィッシングサイトはメールで送られてきます。

これがフィッシング詐欺の手口だ!
これがフィッシング詐欺の手口
事前によく確認することが大切!!
1.メールの差出人を疑うこと
メールの差出人アドレスは詐称することが可能です。
いかにも該当の企業を装ったメールアドレスからメールが届きますので、「メールアドレスが正しいから大丈夫」という理由だけでこのメールは本物のメールだと決め付けないようにしましょう。

2.サイトの真偽を確認し、容易にクリックしないこと
一度本物のサイトかどうか、確認を行いましょう。
検索エンジンで、該当の企業を検索し、URLを確認してください。
また、該当の企業がフィッシングサイトになっている場合、そのことを告知する注意喚起のページが存在する場合がありますので参考にしてください。
ページの先頭に戻る