BAN-netサポート情報

親子で楽しむインターネット

インターネットは、様々な情報を入手するための有効なツールである反面、違法・有害なサイトが多数存在しており、子ども達が予期せぬ事件・犯罪に巻き込まれる可能性があります。
そのような危険から子ども達を守り、健全にインターネットを利用させるために、まず親子間で「インターネットでやってはいけないこと」の約束事を決めておくことが重要です。

インターネットを安心利用する上での親と子の約束事

  1. コンピュータは、家族の目が届く場所に置く

    子どもがインターネットで何をしているかがすぐに分かるように、リビングやキッチンなどに置くのはいかがでしょうか

  2. 子どもがインターネットを使用する時間を制限する

    子どもがインターネットを使用する時間を決めることにより、子どもはインターネットに使う時間の計画を立てることができます。

  3. 子どもが適切なサイトを見つけ出せるようにアドバイスする

    親が自らインターネットをして、子どものためになる優れた Web サイトを見つけましょう。

  4. 個人的な情報や家族の情報を公表しないように教える

    電子メール アドレス、パスワード、電話番号、住所、名前、学校の名前、年齢、性別など、許可を得ずに自分や家族の情報をインターネットを介して他人に送らないように教えましょう。

  5. 嫌がらせ、脅迫メールなどを受け取った場合は報告する

    嫌がらせや脅迫めいた電子メールを受け取った場合は、返事を出さず、身の危険を感じたら警察に相談しましょう。

  6. フィルタリング機能を設定する

    各インターネットプロバイダーが独自に提供しているサービスと市販のソフトの二種類があります。子どもが使うパソコンには必ずこの機能を設定しましょう。
    BAN-netでは「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」に準拠した有害サイトブロックサービスが2009年8月ご利用分より無料で利用できます。
    お子様のインターネット利用にどうぞお役立てください。

  7. 子どもの電子メールメッセージ、特にリンクやファイルが添付されているものを監視する

    また、子どもがダウンロードしたファイルやソフトウェアも調べましょう。

インターネット上には危険な情報、疑わしい情報も存在するという事実を認識させ、危険回避の知識と行動規範を持った上で、大切な子ども達をインターネットの危険から守ってあげてください。

ページの先頭に戻る