緊急地震速報

防災の心得

地震が来る前に -家の中の安全対策-
 

家の中に逃げ場となる家具のない安全なスペースをつくる

部屋が複数ある場合は、人の出入りが少ない部屋に家具をまとめて置く。無理な場合は、少しでも安全なスペースができるように、配置換えをする。

イメージ図

寝室、子ども・高齢者・病人のいる部屋には家具を置かない。

就寝中に地震に襲われたとき、倒れやすい家具があると危険。

イメージ図

出入り口や通路には物を置かない

安全に避難する為の通路を確保するため、できるだけ物を置かない。

イメージ図

 
 

家具の転倒や落下を防止する対策をとる

重い家具や背の高い家具は、固定金具や耐震粘着マットなどを利用して対策を。ただし、金具や支え棒の場合、取り付ける天井や壁に相応の強度が必要になるので設置場所を十分検討する。

  • 本棚

L字金具や支え棒などで固定。二段重ねの場合はつなぎ目も金具でしっかり連結しておく。

イメージ図

  • 食器棚

扉が開かないように留め金を付ける。さらに、収納物の落下を避けるために棚板には滑り止めのシートやふきんを敷くと安心。

イメージ図

  • テレビ

出来るだけ低い位置に置き、柱などに金具でしっかりと固定する。上には水槽や花瓶などを置かないこと。

イメージ図

  • 照明器具

鎖と金具で数カ所留めて補強。蛍光灯は蛍光管の落下を防ぐため、両端を耐熱テープで留めておく。

イメージ図

 

次へ 【家の周囲の安全対策】

ページの先頭に戻る