緊急地震速報

防災の心得

地震が来る前に -我が家の地震対策-

家族で防災会議を開こう -防災会議のテーマ-

 

家族一人ひとりの役割分担を決める

  • 日常の防災対策の役割と、災害発生時の役割を決めておきます。
  • 高齢者や乳幼児、妊婦等がいる家庭では、保護担当者を決めましょう。

イメージ図

危険箇所をチェックする

  • 家の内外に危険箇所がないかどうかチェックします。
  • 危ない箇所は、修理や補強について話し合いましょう。

イメージ図

非常持出品をチェックする

  • 必要な品が揃っているか確認しましょう。
  • 定期的に保存状態や消費期限を点検し、必要なら交換します。

イメージ図

防災器具をチェックする

  • 消火器や救急箱の置き場を確認します。
  • 消火器の使い方、応急手当の方法を覚えておきましょう。

イメージ図

連絡方法を確認する

  • 家族が離ればなれになったときの連絡方法を話し合いましょう。
  • 災害用伝言ダイヤル「171」の使い方を確認。また、災害地以外に住む親戚や知人を中継地点にして連絡をとるのも有効な手段です。

イメージ図

避難経路を確認する

  • 地域の避難場所を確認します。避難経路は一つではなく複数決めておきましょう。
  • 出来れば休日などを利用して家族で避難経路などの下見をしましょう。

イメージ図

耐震診断を受けましょう

  • 阪神・淡路大震災の死者の8割が、家屋の倒壊や家具の転倒による圧死・窒息死でした。新潟県中越地震でも古い木造住宅を中心に多くの家屋が倒壊し、死傷者が出ました。両地震を教訓にして、まずは住んでいる家屋の耐震性能を確認しましょう。耐震診断は各市町村で受けることが出来ます。

イメージ図

 

次へ 【家の中の安全対策】

ページの先頭に戻る