緊急地震速報

サービス概要

「緊急地震速報配信サービス」とは

地震発生後直ちに震源地と地震の規模を知らせる気象庁・緊急地震速報を受取って、遅延のないケーブルテレビ網を使い、強い揺れが来ることを事前に情報提供するサービスです。

イメージ図

緊急地震速報には大きくわけて、一般利用と高度利用の2種類があります。現在、テレビや携帯電話などで受け取れる緊急地震速報は一般利用の情報をもとに速報を行っており、情報の信憑性等において検証がなされています。
BAN-BANネットワークスの緊急地震速報サービスは高度利用の情報をもとに速報を行っているため、速報端末を設置している場所で起こる「到達震度」と「揺れの到達予想時間」を詳しく知ることができます。

イメージ図

就寝時や、テレビ・ラジオをつけていないときでも、受信端末機が予測震度と予測到達秒数を音声でお知らせします。

注意事項

※本サービスは震度3以上の地震予測に対し発報いたします。

※直下型など震源に近い地震の場合、効果的に動作しない場合があります。

※地震以外の要因(事故・落雷など)により、誤報の場合があります。

※到達震度・揺れの到達予想時間の予測数値に誤差が生じる場合があります。

動画で見る
緊急地震速報の仕組み

地震は、初期微動(P波)と呼ばれる小さな揺れ(縦波)と主要動(S波)と呼ばれる大きな揺れ(横波)が同時に発生します。P波とS波とは伝搬速度が異なり、P波は毎秒約7km、S波は毎秒約4kmの速さで伝わります。
この伝搬速度差を利用して、震源に近い地点におけるP波の観測に基づいて、あとから来るS波の伝播を時系列的に予測し、震源からある程度以上(P波とS波の時間差が充分に開くほど)離れた点に対しては、その到達前に予測を発表することが可能です。
緊急地震速報は、秒単位を争う情報であるため、その処理や伝達における遅延を極力少なくして主要動が到達するまでの時間を少しでも長くとる必要があり、配信システムやネットワークなどに高速化のための工夫がされています。
初期微動・主要動の情報は、全国約1,000箇所(気象庁200、防災科学研究所800)に設置されている地震計から地震波形データを常時リアルタイムで気象庁に集められ、これを解析・処理して同庁から発表される緊急地震速報は、(財)気象業務支援センターを経由して利用者へ配信されます。

イメージ図

  • 地震の揺れは、震源から波紋のように波(地震波)として伝わっていきます。
  • 地震波は主に2種類あります。P波(初期微動)とS波(主要動)です。
    最初にP波が伝わります。次に強い揺れのS波が伝わります。地震による被害は主にS波によってもたらされます。
  • <地震波が伝わる速さ>
    P波(カタカタ揺れる波)秒速約7キロメートル
    S波(ユサユサ揺れる波)秒速約4キロメートル
  • 「緊急地震速報」は地震の発生及びその規模を素早く知り、地震による強い揺れが始まる数秒~数十秒前に、強い揺れが来ることをお知らせすることを目指す新しい情報です。ただし、震源に近い地域では、「緊急地震速報」が強い揺れに間に合わないことがあります。

全国に配置した地震計(気象庁:約200箇所、独立行政法人防災科学技術研究所:800箇所)を使って、地震の位置、大きさを瞬時に推定、予想される揺れの大きさ(震度)を推定

IT技術を活用し、素早くお知らせ(緊急地震速報)

ページの先頭に戻る