※不正書き込み対策の為、当月の記事にしかコメントが出来ません。

今日のキラリストさん

今日もお聴きいただきありがとうございました!

今週のキラリストさんは、障碍者とバイクの会
ワールドツーリングライダーの大野浩さん。

生後1歳10ヶ月で左下肢小児麻痺になり、左足が不自由になった大野さん。
走ることができない中で10代の頃、バイクに出会います。
風を切って走る感覚に魅了され、誕生日の13日後に免許を取得。
そこから、日本全国をバイクで巡り、海外ツーリングは合計8回、
地球2周分を走破されています。

24時間で1,000kmを下道で走るチャレンジなど、困難なことに挑んでいる理由を
「アホほどしんどいけれど、第一に、オートバイが好きで楽しい。
 そして、やっていくうちに目標ができて、それを達成するのが楽しい。
 夢がどんどん膨らんでいく」と語ってくださった大野さん。

2012年に、バイク事故で左足を骨折し、松葉杖を使う生活となった大野さん。
それでも、「オートバイが命で、オートバイをやめるという選択肢はなかった。
どうしたらできるかしか考えず、その扉をノックし続けた」そうです。

来週、4月6日には、ユーラシア大陸横断ツーリングへと旅立つ大野さん。
「いつまでも自分の人生に夢と目標を持って生きてほしい。
 やりたいと思えば、必ずできる。自分の身体で1km、1km走って積み重ねて
 10,000km見ていくと、それをした人間にしか分からない世界が見える。
 戦争はみんなしたくないし、世界は平和であってほしいと思う。
 世界に出て、自分で車やオートバイでアウトバーンを走ってみてほしい」
と話してくださいました。


大野浩さんBLOG
https://ameblo.jp/bike-eurasia/


大野さんの旅の様子は、マスプロ電工のWebサイトで
5月下旬以降に発信される予定とのこと。
そちらも要チェックです!!
2019年03月30日(土)   No.16577 (Fine Day!)

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
1000文字まで
投稿キー ナニ・ュ。シを右に記入して下さい
Pass

No. PASS
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

記事検索

OR AND
スペースで区切って複数指定可能


+++ RADIO TOP +++

[Admin]   [TOP]




+++ RADIO TOP +++

[Admin]   [TOP]

shiromuku(fs6)DIARY version 2.41
Copyright (C) BAN-BAN Networks. All Rights Reserved.