※不正書き込み対策の為、当月の記事にしかコメントが出来ません。

バンディブレイカーズ vol.59

大内信司ヘッドコーチ。

冷静と情熱、どちらも持っている大内さんが見た2012年とは?
やはり、選手達の頑張りに感謝に尽きる、と語る。
関西リーグを中位で終え、むかえた全社で奇跡の
地域決勝切符を獲得。

地域決勝は1次ラウンドで終わったものの、
勝てた時は、監督と二人で言っていることが出来た時。
破れた時は、出来なかった時、と。

今年を戦い、1人でもバンディオンセでリベンジを果たす気持ちになって
来年も一緒に戦う選手が出てくる事を願っている。

選手たちは揺れている。これでやり切ったという気持ちと
地域決勝に忘れ物をしたという気持ち。2つの思いで
今、オフを過ごしている。

ただ、今以上の気持ちと戦力をアップしないと
戦えない。まだまだ。と。

そう語る大内コーチは、すでに全国から練習を希望する選手が
何人かいると教えてくれた。アマチュアになり、
2度の決勝大会進出しているチームは数少ないく、バンディオンセなら
もしかして、と思い期待をもって履歴書を送っていくるそうな。

情熱をもった選手と共に、来年こそ高みへ。

来年も指導者、選手の良き兄貴分は走り続ける。
2012年11月28日(水)   No.8464 (○じもラジ::平野 智一(月))

この記事へのコメントは以下のフォームからどうぞ
Name
E-Mail
URL
感想
1000文字まで
投稿キー ナニ・ュ。シを右に記入して下さい
Pass

No. PASS
<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

記事検索

OR AND
スペースで区切って複数指定可能


+++ RADIO TOP +++

[Admin]   [TOP]




+++ RADIO TOP +++

[Admin]   [TOP]

shiromuku(fs6)DIARY version 2.41
Copyright (C) BAN-BAN Networks. All Rights Reserved.